閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

ハンガー検索

    用途から選ぶ

    素材・カラーから選ぶ

    スタイルから選ぶ

    ハンガー 一覧から選ぶ

人気のコラム



送料無料

メールマガジン登録

季節や気分でハンガーを衣替え!メールマガジンで
最新情報をGETしよう!

Life Style

敬老の日にあげたいプレゼント三撰

2017.9.14

LINEで送る

kobel_170914_1

今年の敬老の日は9月18日。
いつもお世話になっているおじいちゃん・おばあちゃんに・・・。
感謝の気持ちを伝えましょう!

◆気になる!敬老の日の由来は?

もともとは、毎年9月15日と決められていた敬老の日。
敬老の日が9月15日とされた由来には、いくつかの説が伝わっています。

聖徳太子が高齢者や弱者の救済を目指してつくった悲田院。
この施設が開かれた日が9月15日だったという説。
また、元正天皇が万病に効くといわれる「養老の滝」に出かけたのが、9月のこの時期だったという説。

どの説が本当なのかは分かりませんが、年長者の知恵を大切にしようとする日本の風土と伝統が生みだした、素晴らしい習わしなのでしょうね。

戦後になり、兵庫県多可郡野間谷村の村長が、農閑期の9月15日を「としよりの日」に定め、敬老会を開くと、やがて兵庫県、さらには全国へと広がっていきました。

そして、名前を「老人の日」、「敬老の日」と変え、さらには、ハッピーマンデー制度によって、日にちも9月の第3月曜日と変更になりながら、現在も変わらず国民の祝日としてお祝いされているのです。

◆敬老の日に最適!プレゼント3撰

近頃は核家族化が進み、なかなか会えなくなったおじいちゃん・おばあちゃん。
この日ばかりは、子から、孫から、ありったけの感謝の気持ちを表現したいものです。

そこで、今回は、おじいちゃん・おばあちゃんがきっと笑顔になってくれる、素敵な敬老の日ギフトを3つセレクトしてみました!

① ゴルフボール

最近は「老人」という言葉が似合わないほど元気なおじいちゃん・おばあちゃんが増えました。
敬老の日に年寄り扱いして叱られてしまった・・・という経験がある人も多いかもしれませんね。
そんな元気なおじいちゃん・おばあちゃんには、写真入りゴルフボールはいかがでしょうか?

https://item.rakuten.co.jp/nonbiriya/gho-gift_golf_photo/

いつもは頑固なおじいちゃんほど、実はこっそり携帯に忍ばせている孫の写真を友達に自慢しているもの。
孫の写真が入ったゴルフボールを手に得意げな顔を浮かべるおじいちゃん・おばあちゃん。
何だかとても微笑ましいですよね。

② リース

敬老の日のプレゼント、一番人気はやはりお花。
けれども、せっかくの長寿のお祝いに贈ったお花が、あっという間に枯れてしまったら、何だか少し切ないですよね。

そこで、オススメなのが、プリザーブドフラワーを使ったリースです。

https://item.rakuten.co.jp/calendula/c122/

簡単なキットを使えば、母と子でおじいちゃん・おばあちゃんに手作りリースをプレゼントすることができますよ。

「おばあちゃん、喜んでくれるかな?」 贈られる相手の喜ぶ顔を想像しながら、親子で物づくりに取り組む時間。
敬老の日をきっかけに、ママと子、そしておばあちゃん、三世代の絆がまた一段と強くなったような気がします。

③ ハンガー

敬老の日に洋服を贈るのもいいけれど、いつも一緒に住んでいないおじいちゃん・おばあちゃんの好みやサイズにジャストフィットしたものを探すのは大変です。

そんなときは、お洒落で上質なハンガーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

http://kobelcloset.com/shop/products/detail.php?product_id=89

「赤いちゃんちゃんこ」は恥ずかしくて着られないけれど、淡いピンクのハンガーなら、おばあちゃんも大喜びしてくれるはずです。

実はこのハンガー・・・。

「子どもとお揃いなんですよ!」
http://kobelcloset.com/shop/products/detail.php?product_id=75

そんな話を聞いたら、きっとニッコリ!

おじいちゃん・おばあちゃんのお家にお泊まりするときのために、小さな子ども用のハンガーもあわせて渡しておくと素敵ですね。

クローゼットに華を添えるようなピンクのハンガー。
おじいちゃん・おばちゃんも、毎朝クローゼットを開けるたびに、可愛い孫の顔を思い出し、幸せな一日を過ごしてくれることでしょう♪

LINEで送る

関連記事