閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

ハンガー検索

    用途から選ぶ

    素材・カラーから選ぶ

    スタイルから選ぶ

人気のコラム



送料無料

メールマガジン登録

季節や気分でハンガーを衣替え!メールマガジンで
最新情報をGETしよう!

Life Style

そろそろ衣替え!冬服の保管方法まとめ

2017.2.16

LINEで送る

kobel_170216_change_title

暦の上では、季節は春。
そろそろ、厚手のコートやダウンジャケットとはお別れのときが近づいてきました。
今回は、冬から春への衣替えで役に立つ、冬服の保管方法をチェックしてみましょう!

冬服の衣替え、いつやる?

少し寒さが緩んできたとはいうものの、まだもう一度寒気がやってくるかもしれないし…。
寒くなって思わずクローゼットをかき回す秋から冬への切羽詰まった衣替えと違い、ついグズグズと先延ばしにしがちの冬から春への衣替え。
でも、その油断が、あなたの大切な冬服の命取りになるかもしれません!?
まずは、冬服の衣替えに適切な時期とやり方について考えてみましょう。

出典:http://ameblo.jp/surfers-support/

冬服に多い、ウールやカシミヤ製のもの。
私たちも大好きな素材ですが、実は衣類に付く虫たちも大好物。
遅くとも3月上旬、ちょうど他の虫たちも出没し始めるという「啓蟄」の頃までには、衣替えに取りかかっておかなければなりません!

出典:http://olive555.blog.fc2.com/

とはいうものの、大物が多い冬服。
なかなか一度にすべての衣替えを終わらせるのは大変。
家族が多いとなおさらです。

そこで、まず、使わなくなったものから順に、計画的に収納・保管していくのがポイントです!

ポリエステルなどの化学繊維は、通常、虫にやられることは少ないと考えられます。
まずは、何をさておき、ウールやシルク、カシミヤといった動物性の繊維から、きっちりと防虫対策を施し、保管していきましょう。

また、これらの生地は湿気にも弱いものが多いため、よく晴れた日に衣替えを行うのも重要です。
クローゼットのできるだけ上部に収納し、防虫剤もお忘れなく!

種類別☆賢い冬物保管法!

次に冬物のアイテム別に賢い収納・保管方法を確認していきましょう!

《コート》

一度しか着なかったコート…。
クリーニングに出すべきかどうか迷うところですよね。

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusei/

確かに、一見、ほとんど汚れていないように見えるコートですが、やはり一度、袖を通したからには、たくさんのホコリが付いてしまっています。
特に、最近は電車などでも暖房が完備されていますから、襟元には汗が染みこんでいることも多いもの。
忘年会やクリスマス、お正月といった特別な日に着るようなコートなら、たとえ1回しか着ていないとしても、なおさら大切に扱いたいですよね。
ここは、愛用のコートをずっと着続けるための投資だと思って、きちんとクリーニングに出しましょう。

冬以外の期間が長い日本では長期保存になる上に、コートは重量があるので、肩に厚みのあるハンガーに掛けるのがおすすめです。

コーベルクローゼット ヴィンテージホワイトのハンガー

コーベルクローゼット ヴィンテージホワイトのハンガー
http://kobelcloset.com/?p=1343

コーベルクローゼットの木のハンガーは、硬くて丈夫なブナの木から削り出して作られているので、次のシーズンまで安心して大切なコートを任せることができますね。

《ダウンジャケット》

冬に欠かせないアイテムがダウンジャケットです。

出典:http://roomclip.jp/photo/eNKj

ダウンジャケットは、冬には私たちを温かく包み込んでくれる頼もしい味方となりますが…、冬以外のシーズンは、かなり邪魔になるというのも事実。

専用の袋が付いていて、小さく折りたためるものもありますが、次の年、変なプレスが付いてしまっていては大変です。

そこで役に立つのが意外なもの…ラップの芯!
折れ型がついては困るところに、ラップの芯を挟んでおけば、たたんで保管しても、翌年、また、大好きなシルエットのままのダウンに再会することができますよ♪

出典:http://saihimomiji.blog.fc2.com/

ラップの芯を使った収納は、ズボンやストール、帯などにも応用できますから、ぜひとも覚えておいてくださいね!

《ニット》

冬物に多いニット。
かさばってしまうため、衣替えでは、ついつい奥の方にギュウギュウに押し込んでしまいがちですが、それでは、せっかくの風合いが台無し。
パンパンまで入れる「10割収納」ではなく、まだ少し余裕のある「8割収納」を心がけましょう!

出典:http://blog.goo.ne.jp/chanelmiki42/

ニット系のアイテムで気になるのが、毛玉。
着ているときだけでなく、洗濯によってできてしまうこともありますよね。
ニットを洗濯するときは、裏を向け、洗濯ネットに入れて行うと、摩擦による毛玉を防止することが可能です。

出典:http://roomclip.jp/photo/kPNd

できてしまった毛玉を手で引っ張って取ろうとするのは絶対にダメ!
毛玉取り器も便利ですが、以外と使えるのがT字型のカミソリ。
優しくT字カミソリでニットの表面を撫でると、綺麗に毛玉が取れるんです☆
ニットを上手に取り扱えば、次のシーズンも美しく着ることができますよ!

《ストール・マフラー》

冬から春への衣替えで、意外と取り扱いに困るのが、ストールやマフラーなどの「巻物系」ではないでしょうか?

出典:http://roomclip.jp/photo/kMC8

冬の間は、お洒落に「見せる収納」をしていた人も、シーズンオフになるとそういうわけにはいきませんよね。

ダウンジャケットのところで紹介したラップの芯に巻く収納もおすすめですが、本当に大切なストールやマフラーには、ボトム用のハンガーを使うのが正解です!

コーベルクローゼット メンズ用 ボトムハンガーベルベットバー付 3本セット

コーベルクローゼット メンズ用 ボトムハンガーベルベットバー付 3本セット
http://kobelcloset.com/shop/products/detail.php?product_id=11

気がつくとクローゼットの中に落ちてクシャクシャになっていた…ということがないように、滑り落ちないタイプを選ぶと良いでしょう。

出典:http://roomclip.jp/photo/hN6J

今年も私たちを寒さから優しく守ってくれた冬服たち…。
服に対する感謝の気持ちを忘れないこと。
それこそが、衣替えを上手にこなす一番のポイントなのかもしれませんね(^_-)-☆

LINEで送る

関連記事